shimi

キミエホワイトプラスで小じわ対策で綺麗な肌を目指そう

 

30歳前後から顔の小じわで悩む方が多くなっていきます。年を重ねたから仕方がないという気持ちもありますが、シワのない綺麗な肌でいたいですよね。小じわを目立たなくするには、どのような方法があるのでしょうか。ここでいくつか紹介させていただきます。

保湿力の高い化粧水やクリーム、キミエホワイトプラスを使用しよう

25歳を過ぎた頃から肌が乾燥しやすくなった、と訴える方が多くなります。この頃は個人差はありますが、まだ小じわが気になるようなことは少ないです。でも27歳から28歳くらいになると鏡を何気に見た時に小じわを発見した、という経験がある方も多いのではないでしょうか。

 

特に目元の小じわが気になり始めます。小じわが出現し始める頃は、表情を変えなければ問題なくても、笑うと小じわが出現することがよくあります。

 
この頃は肌の乾燥が一層進んだように思えますが、乾燥するとさらに小じわを増やす原因になります。そのため乾燥に対するケアが重要になります。年齢とともにしわが増えていくのは仕方がないことですが、目元だけでなく顔全体の乾燥対策が重要です。保湿力の高い化粧水やクリームを使用するようにしましょう。

 
20代前半の頃は自分に合った基礎化粧品であれば、どのような物であっても比較的保湿できた方も多いです。でも25歳を過ぎたあたりから、保湿力の高い基礎化粧品を選んでいくことも大切です。しっかりと保湿ケアをして、小じわの目立たない若々しい肌を目指していきましょう。

キミエホワイトの公式サイト

 

自分に合った美容液、医薬品を選ぶことが大切

小じわが気になるようになったら、積極的にリンクルケアを行っていきましょう。

 
化粧水をつけた後にハリが出る美容液を使用すると、小じわがだいぶ気にならなくなります。様々なエイジングケアの美容液が販売されていますが、中には同時に乾燥も防いでくれる物もあります。年齢や肌の状態に合わせて、自分に合った美容液を選んでいきましょう。

 

・キミエホワイトの時は1日3回2錠ずつで合計6錠飲まなければいけませんでしたが、キミエホワイトプラスになってからは1回1錠でいいので気分的にも飲みやすくなりました。
1回1錠になっても効果はしっかりと出ていたので、成分がギュッと濃縮されているのだと思います。(50代女性)

引用元:キミエホワイトプラスの口コミ|実際に服用した本音とは?

 

ファンデーションの厚塗りにも注意しよう

若い時はスッピンでも勝負できたのに、年を重ねると化粧が濃くなりがちです。小じわが気になるからといってメイクを濃くしてしまうと、かえって老けて見えることがあります。ファンデーションは決して厚塗りをしない方が良いです。

 
でもファンデーションも乾燥しにくい物を選んでいくことも大切です。自分に合っていればリキッドファンデーション、パウダーファンデーションどちらを使用しても良いです。いずれにしても保湿成分がしっかりと整ったファンデーションを使用することが大切です。